2012年08月25日

丸三年 後編

5日休んでもまだ腰が痛みます(´Д`;)
ホント最近は漫画を一本描き終える度に、体のどこかに重いダメージが来るようになりました。
昔は冬コミの入稿をギリギリすませた後、トヨタカップをのんびり観てたら腰に激痛が走って2時間立てなかったことがあったんですが、今はもうそういう痛みが毎回のようにあります。
しかも毎回痛めるところが違うという・・('A`)

寄る年波には勝てないということなのかもしれませんが、とにかく今のスタンスで2年続けて、得た物もあれば失ったものもあります。
箇条書きにすると、

・漫画力が上がった

・年間に出せる同人の冊数が2冊になった
・商業作業でスケジュールが厳しくなったため、同人にしわ寄せが行って一冊のページ数が減った
・スケジュールの問題で同人での仕上げが以前ほどきっちりできなくなった=肌の陰影を抜くハメになった
・しわ寄せで同人で以前より手に取って貰えなくなった
・お金が貯まらなくなった
・運動する時間も減ってしまったため、体重が適正より10kg近く増えた
・体を壊した(主に腰)
・白髪が増えた(何故か右前頭部からだけ生えてくる)
・HPでの一枚絵を描く余裕がなくなった
・HPでの長編小説を書く余裕がなくなった
・ブログでの更新も減った

以上です。
←のブログ記事の数を見てもらえればわかるように、2年前の8月から極端に更新回数が減っています。
これはツイッターで呟くようになったから、というのもありますが、商業原稿に追われる形になってHPの更新作業が減る=こちらでお知らせすることも減る、という流れになっているわけです。
特に商業作業については向こう側の都合により作業の手間が増える事が多く、それで何日も食われてしまい、結果的に日常生活や同人作業に影響が出るということが多々あります。

それで今まで2年間、同人作業も減らして商業原稿を描いてきました。
結果的に漫画力は徐々に身に付いていると思います。
ただ、一本を仕上げるのに非常に時間がかかってしまい、そのしわ寄せが他の事、日常生活を含め全てに来ています。
しかしこの流れも一冊単行本を出せるくらいまで続ければ抜け出せる、と思っていたのですが、結果的に丸二年経ったところで状況は変わっていません。
むしろ悪化しつつあります。
当然の事なのですが、3〜4ヶ月かけて漫画家のたまごが一本商業漫画を描いたところで、収入を月単位で割ると生活が成り立ちません。
それを覚悟で今までは何とか踏ん張ってこれたのですが、さすがにマイナスが目立ち始めました。
実際のところ今の流れで続けていると、かなり厳しい状況に陥ります。
幸いにもいくつか他の出版社さんから漫画執筆のご依頼を頂けることがあるのですが、現状商業は一本に絞らないと描けない状況です。元々手が遅いのと、全て1人で描いているために並行作業する余裕がないのが事実です。
アシスタントを雇うということもありなのですが、こちらはコミックスタジオ中心で作業していることもあり、データの受け渡しや収入の減っている今、人件費の問題もありましてなかなか自分から手を出せないのが現状です。
もしいななきしきにお仕事を頼みたいという人がいるのであれば、デジタルアシスタントのご紹介もセットでして頂けるとお受けできるようになるかもしれませんのでお考え下さい。
そこまでする奇特な編集者の人はいないか(´Д`;)

あと、1年程度なら長編小説の方も書けるようになるだろうと思っていたのが甘かったのもあります。
現状2年半ほど止まっておりますが、今でも書く気力はありますしこれが自分の原動力になっている部分もあります。
しかしこれ以上止めるとそれこそ完結させずに終わってしまいそうなので、これも何とかしなければいけません。

なので一度、自分の身の回りを見直してみることにしました。
やり方を変えてみることにします。
昔みたいに不定期でも気が向いたらHPを更新できるように、同人誌はちゃんとしたクオリティのものを出せるように、そうやって換気を良くしていこうと思っています。
もちろん商業を止めるつもりはありませんが、最優先で行なってきた結果が現状を生み出しているので、このへんで改善を試みてみます。

また、同人の方は2年かけて禁書目録をやってきたので、次からはまた別のジャンルにします。
ちょっとオリジナルもやってみたい気持ちも芽生えています。
まだまだ形になるものでもありませんが、どうか気長に見守っていただけると幸いです。
バスタード関連につきましては、毎回かなり原稿に時間をかけていたこともあって商業に追われる現状では全然描けずにいたのですが、改めて描いて行こうと思っていますのでご意見などを頂けると助かります。

長文を読んで頂き誠にありがとうございました。
明日か明後日にHPの更新も行い、一枚絵や通販の開始などを行いたいと思います。
また、現在とらのあなさんで新刊が値段変更のために一時的にお取り扱い不可になっておりますので、ご了承願います。
posted by いななきしき at 17:55| Comment(0) | 昔話

2012年08月23日

丸3年

いななきしきが本格的に商業の作業を始めたのがちょうど今から3年前の8/23日だったと思います。
もしかするとちょっと他の話とごっちゃになってるかもしれませんが(´Д`;)
とは言え最初の一年はネームを描くのに非常に時間がかかり、その間にポシャってしまって形にはなりませんでした。そのネームはHDDの中に今も誰にも見せないまま残っています。

それで2年前のコミケ後に二つの出版社様から原稿執筆のお誘いがありました。
平行してやる予定でしたが自分の手の遅さも重なって、後に話をくれた方の方は結局形になりませんでした。
プロットの段階で恐ろしく没を食らい、延々と業界の内情について語ってくれる編集者さんでしたが一体どういうものを自分に求めているのかさっぱり見えなかったので、そうなってしまうのは自明の理だったのかもしれません。

そして今のティーアイネットさんとお仕事をさせて頂く形になり、稲鳴四季名義で1本、彩町日々名義で2本描かせて頂きました。10月売り号にはまた新しい漫画が載る予定です。
ちなみに今月号の終わりに彩町日々の名前が載っていましたが9月売りの10月号には掲載されません。こちらが原稿を落とした訳ではなく、編集部側のご都合ですのでご了承ください。

そんなわけで2年かけて、漫画を4本描きました。
これが多いのか少ないのかはおいておいて、自分の考えとしては1年〜1年半で単行本一冊になるくらいのものができるといいなあ、と漠然としたもので、それと比べると結果的に全然足りてないということになります。

商業を始めることにしたのは地盤固めと、漫画の技量を向上させたいという想いがあります。
幸いにも漫画の描き方は同人オンリーでやっていた頃に比べ、随分とこなれてきた感じがあります。他人から見てどう映るのかはわかりませんが(´Д`;)

自分はかなり作業の手が遅い方です。
結構絵を描く事に対し今でもネガティブな面があり、下描きも一日3ページかければ大満足というレベルです。
なのでどうしても商業作業を行うためには、色々と他の作業を削る必要がありました。
それが主にHPでの更新作業と、同人作業です。

長くなりそうなので、記事を二つに分けます⊂⌒~⊃´∀`)⊃ 後編に続く
posted by いななきしき at 22:32| Comment(0) | 昔話

2009年04月05日

「お嬢様は腰を振る」のおもいで

blog058.jpg
ラバーズ名義で出した一番最初のオフセット本、題材はこないだ最終巻が出たHELLSINGでした。
パワートーン3で貼ったためにモアレが出たり(印刷所の方で修正できましたが)、表紙の赤タントをわざわざ特注で取り寄せてもらったり(何度も再販したおかげでその印刷所で赤タントが通常で選べるようになった経緯アリ)いろいろと思い出深い一冊です。
当時はまだ2巻までしか出てませんでしたので、マクスウェルが女とばかりカンチガイしたり恥ずかしい過去が><
あの頃はまだ同人ショップでの依託も盛んになり始める前でした。
自分が生き残れてたのはタイミングが良かったおかげですね(´ω`)
ここで強弱のないなぞる主線やら、あんまり斜めを使わないコマ割やら、手間のかかりようやら、絵柄を元ネタにできるだけ近づけようとするやり方やら、やたらと平面で固い絵柄やら、一冊に数本の漫画とか、核になってるものができあがった感じがします。
しかしあの頃から増えたのは年齢と貯金額だけだった…('A`)
posted by いななきしき at 08:19| 昔話