2009年09月22日

トライセラ

図書館でエレカシのベストとセットで借りてきたトライセラのベスト。
一枚目二枚目のアルバムはむちゃくちゃ大好きでした。3枚目ぐらいから徐々に路線が変わっていったのでその後じっくり聴いてなかったのですが、どっぷりはまっております(´ω`)
全体的にこのバンドはノリの良い曲が多いのですが、それが実にしっくりきて気持ちいいです。特にベースの音が心臓に響くと言うか、凄く地に足がついてる感じでいいですね。
歌詞はほとんど割り切って恋愛ものばっかり歌ってるのが、むしろこの音に対する信頼感が出てていいです。ぶっちゃけほとんど歌詞は聴いてませんが(´Д`;)
そんだけバンドサウンドがいい証拠です。

特に「FEVER」と「Raspberry」のグルーヴ感は異常。
後者は佐野元春も名曲だと言ってますが、これは10年は語り継ぐべき曲だと思ってたらもう10年経ってるのでもう50年くらい語り継いじゃいましょう(´ω`)
凄くシンプルでわかりやすい、これぞまさにロックンロールという曲の理想型の一つだと思います、ガチで。
posted by いななきしき at 09:01| 音楽